山田有浩 / Arihiro Yamada

Information of Arihiro Yamada (dance, butoh / ダンス, 舞踏)

山田有浩独舞公演「重力の水面」(10月)

山田有浩独舞公演「重力の水面」

 

10/9(日)pm6:00開演

10/10(月・祝)pm2:00開演

(各回30分前開場)

 

第一部 山田有浩「重力の水面」

第二部 中尾太一(詩人)x山田有浩 トーク(司会:菊井崇史)

 

テキスト執筆陣(予定) 池田昇太郎、菊井崇史、岸田将幸究極Q太郎中尾太一、中村ゆい、早助よう子、堀千晶、山田有浩(五十音順)

 

照明 渡辺俊介

音響 吉野東人

写真 藤本正平

チラシ写真・デザイン 菊井崇史

 

[料金]

予約2800円 当日3000円

*中学生以下無料

 

[ご予約・お問い合わせ]

Email mbvyamada69@hotmail.com

https://arihiroyamada.hateblo.jp/

Tel 09082240587

 

[場所]

中野テルプシコール Tel.03-3383-3719

東京都中野区中野3-49-15-1F

 

[山田有浩プロフィール]
1983年鹿児島生まれ。打楽器や物音を中心に据えた即興演奏活動をへて、2011年の岩名雅記との出会いより踊りはじめる。2013年より室伏鴻に師事。室伏鴻、芥正彦ホモフィクタス、DanceMedium作品等に出演。ソロ作品に『螺旋歌』(2018)、『抵抗と歓待』(2016)、『〈孤絶-角〉』(2015)等がある。野外での即興独舞シリーズや、国際ダンス・フェスティバルへの出演、異なるジャンルとの共演も行ってきた。大出早池峰神楽遠野市)の舞手8年目。文筆や修験道沢登り、介護なども行う。

 

 

 

【情報 / Information】

f:id:ArihiroYamada:20200120192028j:plain

********** 

【近況・情報】

*10月9日(日)、10日(月・祝)に4年ぶりのソロ公演「重力の水面」を行わせていただくこととなりました。(2022.08.20)

 

*文藝同人誌「甕星 vol.6」に「室伏鴻、<力>への意志と反道徳的倫理」、「松田修と舞踏」の二本を寄稿しました。甕星HPにて販売しております(2021.11)

 

に角すい「そこは豪雨、ここは雨」のMVに出演しています(2020.03.26)

 

 

**************
【執筆】

・「室伏鴻、<力>への意志と反道徳的倫理」、「松田修と舞踏」@『甕星 vol.6(特集:舞踏)』https://www.mikaboshi.club/portraits(2021)

・「踊りを還す」@「たぶの森 第5号」(2020)
・「日記 2014.07.12〜2014.08.08」@『甕星 vol.5(特集:おそれ)』(2019 / 二〇一四年の大出早池峰神楽〜ウィーン公演の旅の記録を掲載)
・「恋愛身体論序説」@『甕星 vol.4(特集:恋愛)』(2018 / 恋愛論の姿を借りた舞踏論)
・「写真私感 あるいは身体はどこにあるのか」@『EVER MOMENT WITH SCENES』(ART SPACE出版, 2017)
・「世界を信じ抜くことに自らを投棄する炸裂する〈強度〉が拓く大地へと 向かえ名もなき亡命者たちよ」@『甕星 vol.3(特集:月)』(2016 / ある野外ソロ公演の舞踏論的ドキュメント)
『ふみよcompost』(w/菊井崇史、川戸郷史, ART SPACE出版, 2016)
『シ、ミ、ル共振 ipyrima』(w/菊井崇史、川戸郷史, ART SPACE出版, 2015)

【インタヴュー】
・介護職にも就いており 介護と踊りについてのインタヴューが載りました 第53回 介護と踊り「いのちといのちのやりとり」がそこにある(2016)

 

【音楽】Soundcloud (制作音楽の一部)

Instagram ・Twitter

【Contact】mbvyamada69☆hotmail.com (☆→@)  踊り、楽曲提供、執筆、美術/映像モデル、音響や照明依頼、他、お気軽に